10月13日(水)

久しぶりに出羽三山へ。
羽黒山は現在、月山が過去、湯殿山が未来だったかな。
出羽三山は1400年の歴史を誇る精神文化なの。
日本遺産にもなっているのよ  !!

出羽三山を開いたのは、第32代崇峻天皇の息子である蜂子皇子。
世が世ならば天皇になられた方だと思うけど、父の崇峻天皇が
蘇我馬子に暗殺されて、従兄弟の聖徳太子から逃げるようすすめ
られ、出羽の国(現在の山形県)まで逃げておいでになったの。
3本足のカラスに道案内されて羽黒山へと辿り着かれたとか。
羽黒山神社のすぐそばに蜂子皇子の墓所と伝えられる場所が
あるんだけど、東北では唯一ここだけが宮内庁管轄だそうよ。
あ、そうそう、今年は丑年(うしどし)御縁年だから、お参りすると
12年分の御利益があるといわれています。
そして、有難いことに「特別な丑の御守」が売られているの。


ネットでも手に入るんですってよ。
コロナ禍でお参りできない方も、ネットで手に入れることができる
から、本当に良かったわ。
出羽三山は疫病退散に御神徳があると伝えられているそうだ
から、効き目ありそう  !!
新型コロナウイルスの一日も早い終息を祈りましょうネ  !!

10月14日(木)

公務で大江町へ。
ふるさとの山は青く、水は清らかで、晴れやかな青空が
歓迎してくれましたよ(私は大江町で生まれ育ったのよ(^_^))。
若者ミーティングの前に、左沢楯山城史跡公園を案内して
もらいました。
650年位前に、ここに山城が築かれていたらしいです。
寒河江や左沢を治めた大江氏は、鎌倉時代初期に
活躍した大江広元の長男大江親広の子孫。
毛利氏は大江広元の四男大江季光の子孫なんですって  !
大江氏がここ左沢の楯山に築いた広大な山城を、大江町が
復元し始めているのよ。
山城を散策できるようになったら、歴史好きには
たまらないわネ  !!
それに、ここから見える最上川が絶景で、国の重要文化的
景観に選ばれているの(^_^)。
昔から”日本一公園”と呼ばれている意味がここに来ると
わかるわよ  !!

あと、大江町では、面白いマスクが生産されていました。
“ワクチン2回打ちました”マスクです。


このマスクは不織布入りだし、とっても良いと思うわよ  !!
お・ス・ス・メで~す(^_^)。

10月12日(火)

それから、今日はEVトラックの出発式に出席してきました。
大型商用車のEV化については、航続距離や積載量に課題
があったところですが、AI技術により必要な時に必要なだけ発電
するという新たなシステムにより解決する「PRE=EVトラック」の
開発プロジェクトが、ここ山形で進められてきたんですよ  !!
今日はその車両の完成と、公道走行実証試験の開始の出発式
があったの。

ここまでこぎつけることができたのも、(株)サニックスはじめ山形EV
プロジェクトコンソーシアムの皆さんの並々ならぬご努力の賜です。
山形県としても、昨年8月に「ゼロカーボンやまがた2050宣言」を
しているし、先月には「カーボンニュートラル推進会議」を
立ち上げ、県民、事業者、行政など総ぐるみで二酸化炭素の
排出削減に取り組むことにしたのよ。
私たちが住んでいる地球をできる限り健全に保つ努力をする
のは当然だと思うの。
近年、日本全体で毎年のように気象変動による自然災害が
発生しています。
昨年7月末には本県の最上川が氾濫して大変だったのよ。
大雨や大雪にいつ見舞われるかわかりません。
人間社会でみんなが二酸化炭素の排出削減に取り組むべきよね。
このEVトラックは、そのための大きな取組みになると思うわ。
テープカットの後、公道へ走っていくのを見送ったけど、本当に
音も静かだったわ。

このプロジェクトが成功して、2050年カーボンニュートラル社会の
実現に貢献してくれることを切に願っています  !!

10月12日(火)

今月11日~15日まで、県庁ロビーに山形県産の花が展示されています。
「やまがたフラワーフェスティバル2021」花き品評会に出品され、
審査の結果受賞した作品なの。
農林水産大臣賞は鮭川村産のバラ。
バラの花は山形県が全国3位の出荷量なのよ(^_^)。
農林水産省農産局長賞は山形県立農林大学校のダリア。
山形県知事賞もダリアだったわ。
ダリアの花も全国3位の出荷量デース。
東北農政局長賞はトルコぎきょう。
トルコぎきょうは八重咲の華やかな黄色い花だったわ。
これは全国4位の出荷量よ。

山形県は食べ物、飲み物だけでなく、花も綺麗なのョ~。
皆さん、是非山形県産の花を買って飾ってくださいネ  !!
ひととき、心が和やかになりますョ~(^_^)。

10月10日(日)

朝から、抜けるような青空広がる。
田んぼの稲刈りも順調に進んで、赤トンボが
群れ飛んで(^-^)。そして、県内は、
県民のコロナ新規感染者ゼロが5日も続いて
いるんですよ(県外の方が
1名確認されたことはありましたが)。
さわやかな秋空の下、金山町へ向かいました。
途中、尾花沢市の道の駅”ねまる”で
ちょっと一息。私の大好きな揚げおかきと
野菜を買いましたよ(^-^)。
金山町に着いて岸宏一先生の胸像にご挨拶。
岸先生は、とっても温厚な方で、
私が知事になる時から多岐にわたるご指導を
いただきました。社会貢献を常に
考えておられる立派な政治家でした。
病気で亡くなられたのは本当に残念ですが、
これからも出身地の金山町はじめ最上地域、
山形県を見守っていてくださることを
信じています。おだやかで品格のある
岸先生の胸像は、先生が金山町長を
されていた時に、百年後の景観づくり
として力を入れられた大堰公園の中に
移設されていました。大堰の清流の中で
群れ泳ぐ大きな鯉たちに見とれながら、
しばし岸先生の慈愛あふれるお姿を
思い出しました。ゆったりした時間を
ひととき過ごさせていただき、感謝です。
岸先生、ありがとうございました!!


10月3日(日)

さわやかな青空広がる。秋は天高く、
空気も澄んで、暑からず寒からず。
一年中こんな気候だといいなあ(^-^)。
昨日は全国知事会(オンライン)や
会合があったり、衣替えの仕上げをしたりで
一日終わってしまったけど、今日はステキな
お天気だし、家族協議の結果、
川西町のダリヤ園へ行くことに決定!!
10時過ぎに自宅を出発し、
高速道路でスイスイ南陽市まで。トンネルを
通るたび、我が家の一歳児が「オ~」と
声を上げた。手にはミニのダンプカーを
しっかり持って離さないんですよ(^-^)。
高速道路をおりて、一路川西町ダリヤ園へ。
ダリヤ園に着いたら、駐車場は一杯だった
けど、園内は広々しているので伸び伸びと
花を見ることができました。

赤や黄、白、ピンクなど色とりどりの
ダリアが咲いています。一歳児は
遊具が気になったり、小さい川岸で
遊んだり、どんぐりを拾ったりしましたよ。
それに、”花よりダンゴ”なんて言葉も
あるでしょ。クレープ屋さんで買った
マロンクレープ、美味しかったです!!
噂の”牛コン”
(牛肉とコンニャクが串になっている)は
行列ができていて、順番待ってたら
時間かかりそう・・・。
それで、米沢牛のスジ煮込みと
牛おにぎりを買っちゃいました。帰りに
「森のマルシェ」に寄って、紅大豆や
ヨーグルトなども購入。帰宅して、
ゆっくりと美味しいモンを食べて
大満足(^-^)。アラ、食べ物の話ばかり
多くなっちゃったわね。ホラ、美しい
ダリアの中でもピンク色が
「つや姫」という名前なの。
11月3日までダリヤ園は開いているそう
だから、皆さんも楽しんでネ~。

9月28日(火)

まだ9月なのに、朝晩は寒いくらい。
秋の深まりを、身を持って実感しています。
さて、山形県は  “枝豆”を沢山生産していますよ。
しかも、その美味しいことといったら  !!
さまざまな品種が生産されているようですが、山形県枝豆の
双璧といったら、庄内産の”だだちゃ豆”と内陸産の
“秘伝の豆”でしょう。
そして、このシーズンは  “秘伝の豆”が出回っています。
今年お初の  “秘伝の豆”をご紹介しますね。
ホラ、こんなに緑色が鮮やかで、豆も大ぶりですよ  !

食べたとたんに、口の中に香ばしさがあふれるの(^_^)
う~ん、今年の秘伝も最高だわ  !!
皆さん、マメで達者で生きていくためにも、山形県の
秘伝豆を味わってくださいネ~。

9月27日(月)

皆さん、ご存じですか?山形県では
沢山の花を生産しているんですよ。
果物も沢山生産しているから、
「フルーツ王国」と言われているんだけど、
なんと、「花の山形」でもあるんです(^-^)
年末年始に出回る「啓翁桜(冬の桜)」、
フリージアやトルコききょう、バラ、
アルストロメリア、ダリアetc,etc.
今日は川西町の方々がダリアのPRに
いらっしゃいましたよ。川西町には
『川西ダリヤ園』があって、650種類、
10万本のダリヤが咲きほこっています。
昔からある『ダリヤ園』だから、ずっと
「ダリヤ」で通しているのだそうよ。
私は花が大好きだから、
何回も訪れたことがあるの。広~い庭園で
色とりどり、姿形もさまざまで、
本当に綺麗なのよ。
最近は、牛肉とコンニャクが串になっている
「牛コン」もおススメよ~!!
秋のひとときに、美しいダリヤを眺めたら
最高ですネ!!そして、おいしい「牛コン」
も是非たんのうしてくださ~い(^-^)。

9月23日(木)

朝から爽やかな秋空が晴れ渡って、良い気分。
今日の公務は”やまがたSDGsフェスタ”イベント開会式
での挨拶とテープカットです。

地球規模での健全な自然と人間社会を目指していくことは
当然のことと考えているので、喜んで参加しましたよ(^_^)。
テープカットを終えた後、会場の各ブースを回りました。
山大農学部の学生さんたちが、地球に負荷の少ない農産物を
生産して加工していたり、高校生の皆さんが地元の食材を
生かして、健康に良い食品を企画・販売したり、
生協クラブの方々が有機無農薬、無添加などに力を入れた
食品を開発・販売したりetc、etc。

紙ストローや、”すすぎ”が1回で済む洗剤などもありました。
とても身近なところで、私たちの生活の一環として、SDGsを
実践できることがわかりますよ。

そもそも山形県は、学校給食や国民健康保険の発祥の地
ですから、SDGsを実践する風土だといえます。
さらに、本日のようなイベントを開催してくださることで、
益々、県民運動としての輪が広がっていくことが期待できます。
主催者の皆様、スタッフの皆様、有難うございました。

9月21日(火)

今年も恒例の稲刈りをしました~(^_^)。
朝から雲ひとつない青空広がり、まさに稲刈り日和  !!
山形の美味しいお米”つや姫”をサクッサクッと刈りました。

赤トンボが田んぼの上をスイスイ飛んでいい気分。
おいしい空気と清らかな水、たっぷりの太陽の光を
浴びて育った美味しいお米”つや姫”、”雪若丸”と
“はえぬき”。

今年もとっても美味しく出来たんですョ  !!
全国の皆さまにお届けしますので、皆さん、コロナに
負けない丈夫な体と心を作っていただきたいな(^_^)。