10月5日(土)

公務で新潟県へ。
車で3時間かかるので、朝7時30分に自宅発。
新潟に午前10時30分ギリギリに到着!!
10月~12月に実施される「新潟・庄内エリアDC」の
オープンセレモニーで挨拶。

セレモニー後に外のブースを見て回ったら、庄内地域の
ブースが大人気だったわ。
やっぱり山形の芋煮よネ!! 行列できてたわよ、嬉しい!!
今回のテーマが「日本海美食旅」。

「庄内北前ガニ」も漁解禁だから、PRしちゃった。
皆さ~ん、是非山形県庄内へ美味しい物を食べに
来てけらっしゃ~い!!

帰りに本県の小国町赤芝峡を見てきたわ。
とっても景色が良くて、紅葉の頃は絶景だそうですよ!!
小国町の道の駅でコンニャク食べたり、飯豊町の道の駅で
美味しい野菜を沢山買いました。
特に中津川地区の「秘伝の豆」が絶品でしたよ~(笑)。
「もって菊」もたっぷり食べて大満足。
山形県に生まれて幸せ!!

10月3日(木)

山形県の県土の7割は森林です。
ですから、県は35市町村と共に
「森林(モリ)ノミクス」という政策を
熱心に進めているところです。
大きく育った木を木材として家や公共施設に
活用したり、再造林を行うことで、
健全な森を次の世代につないで行くことが
できます。温暖化防止にも寄与し、林業や
木材産業の活性化にもつながり、
地域経済活性化ひいては地方創生に
つながると思います。それに、木で作られた
建物はあったかみがあるんですよね。
県庁ロビーも木質化したんですよ‼
県の木「さくらんぼ」や県の花「紅花」、
県の獣「かもしか」、県の魚「さくらます」
県の鳥「おしどり」など木で飾りました。
それから、35市町村の各々の木も
紹介しているんですよ‼
縦の格子が基調になっていて、雰囲気が
柔らかくなったみたい。皆さん、どうぞ
県庁ロビーを見に来てけらっしゃい。
そして、是非建物の木質化を考えていただけると嬉しいです‼

10月1日(火)

カレンダーの上では衣替えとなりましたが、今日は夏に
戻ったかの如く,気温がドンドン上昇し、山形市内は27.7℃
まで上がりました。
それでも山形県は朝晩めっきり涼しくなったんですよ。
夕方から上山市で公務。
実りの秋だから、田んぼは黄金色に輝き、稲刈りが
済んだ地域もありました。

温泉や果物が豊富な上山市は風景も美しい。
ラ・フランスが畑でスクスクと育っています。

会場のワイナリーで、ぶどうジュースをご馳走になりましたが、
その美味しいことといったら!!


今年のぶどうは格別美味しいそうですよ.
ワインが楽しみになってきましたね!!

皆さん、ワイナリーが15ある山形へどうぞ来てけらっしゃ~い。

9月25日(水)

花の山形と言われるだけあって、本県は
花づくりが盛んです。啓翁桜や紅花は
日本一の生産量を誇り、ストックは2位。
バラやダリアは3位につけています。
今日は川西町の皆さんがダリアをお持ち
くださいました。まあ、なんて
綺麗なんでしょう‼今年は
特別大輪で色も濃いように感じました。
なんてたって川西町には明治時代からの
「ダリヤ園」があるんですよ。
650種類のダリア10万株が咲き誇り、
皆さんをお待ちしています。園内では
米沢牛とコンニャクがさしてある「牛コン」や
ソフトクリームを食べた覚えがあります。
特に「牛コン」、おススメですよ‼11月4日まで
川西町ダリヤ園が楽しめるそうです。皆さん、
是非ダリヤ園へ来てけらっしゃ~い。

9月22日(日)

山形県には4つの日本遺産があるんですよ。
今日はその1つ、出羽三山で山形交響楽団の
フルオーケストラを聴く、「出羽三山シンフォニー」が
開催されました。
台風が近づいているということで、コンサート会場は
羽黒体育館になってしまいましたが、山響のサウンドが
聴けるだけでワクワク気分。

これまでの3回は、羽黒山神社境内で行われたので、
神々が宿る大自然の中で、そよぐ風や鳥の声も一緒に
聴けて最高でした。

1400年の歴史を誇る出羽三山は、いつ訪れても
神秘に満ちています。
今の季節は金みずひき草や銀みずひき草も咲いていますよ。
江戸時代には「西の伊勢まいり、東の奥まいり」と言われ、
庶民のあこがれの場所だったそうです。
山伏もいて、精進料理も美味しい。
2446段の古道は日本一の長さ。
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで3つ星にも選ばれています。
皆さん、是非山形県の出羽三山へお越しくださ~い!!

 

9月21日(土)

私用で蔵王に行った帰りに、半郷の松尾山神社に立ち寄る。
室町時代に建立されたらしい建物がひっそりと迎えてくれた。


御神木と目される大カツラの木も神々しい。
石造りの道や、雅かな石橋など、なんとも日本的だ。


ここで偉大なる斎藤茂吉翁が歌を詠まれています。
「あしひきの山の池なる白き鯉 われの心はけふは和ぎなむ」

池には鯉が泳いでいて、白い鯉も確かに一匹おりましたよ。
白い鯉はきっと茂吉翁自身の投影でしょう。
ゆうゆうと池の中を泳いでいて、心もゆったりしている。

誰にも会わなかったくらい静けさに包まれたところです。
春に訪れた時は、カタクリの花が咲いていたっけ。
近くには川も流れていて、山菜も出ていました。
私の好きなスポットのひとつです。

9月19日(木)

そうそう、山形県には海もあって、カニもとれるんですよ~。
「庄内北前ガニ」といって、とっても大きくて美味しいの。
私はこの北前ガニくんをマスコットにしているのよ。
いわば私の愛ガニで~す(笑)。
10月から解禁だから、皆さん、山形にカニを食べに来てけらっしゃ~い!!

9月18日(水)

米沢市にお住まいの白寿の方に賀詞をお届けした。
若い頃から働くのが好きで、じっとしていられないという。
何でも食べて、好き嫌いもないそうだ。
明るくて元気ハツラツの方であった。
私も見習わなくっちゃ!!
帰路、米沢道の駅に立ち寄る。
まもなく、280万人に達するという。
米沢牛をはじめ、県産酒や野菜なども盛り沢山で
大変好評な道の駅だ。

県内全域、実りの秋を迎えている。
山形県は田んぼの景色が美しいとしみじみ思う。
そろそろ収穫が始まるなあ。

 

 

9月17日(火)

赤トンボが空を気持良さそうに飛んでいます。
秋晴れの下、今日は「つや姫」と「雪若丸」の
稲刈りをしました。
小学4年の子どもたちとワイワイガヤガヤ楽しく
稲刈り。

鬼ヤンマがスィーッと飛んだりして気持良い。
陽射しは夏を思わせるほど。
「つや姫」も「雪若丸」も、しっかり実っていましたよ。
刈った稲の束を腕に抱くとズッシリと重たい。

ああ、収穫の秋を無事に迎えることが出来て良かった!!
定番のユニフォーム、「かすり」の着物を着るとホッとします(笑)。

「つや姫」は全国の皆さんに愛されるブランド米に
成長したし、昨年デビューしたての「雪若丸」も
大きな「粒感」と適度な「粘り」が調和した「新食感」
がとっても好評なの。
全国の皆さん、山形の美味しいお米が今年も順調に
育って、まもなく皆様のお手元に届きますよ!!

どうぞ今年も山形の「つや姫」と「雪若丸」を
召し上がって、元気にお過しくださ~い。

9月16日(月)

山形県と山形市、天童市がラグビーワールドカップの
サモアチームを歓迎するイベントを開催しました。
あいにくの雨だったけど、サモアでは「恵みの雨」と
言うそうです。

そして、山形の芋煮に使う里芋をサモアでは「タル」と
呼んで、大変好まれるそうです。
山形とサモアの共通点を見つけたと選手が喜んで
いました(笑)。
山形では花笠踊りでもてなしましたが、サモアの
選手たちはサプライズでサモアの歌と踊りを披露
してくれました。

私も思わず、「ゴーゴー、サモア!!」と応援しちゃいました。
スポーツ交流も、とっても温かくて良いものですネ。
ラグビーワールドカップを楽しみましょうね!!